交通事故の賠償額を算出するのに用いられるのが赤い本・青い本と呼ばれるものです。

優良法律事務所BEST3ボタン

慰謝料の計算方法

交通事故の慰謝料には3種類があり、それぞれの慰謝料について計算方法は異なります。

慰謝料基準の算出

入通院の慰謝料

h3
①自賠責基準

慰謝料は1日4,200円です。
入院の場合「入院期間」×4,200円
通院の場合「実際に通院した日数×2」もしくは「通院期間」のどちらか少ない方×4,200円

※治療費や交通費などの実費と慰謝料を合計して、入通院に関するものは上限120万円までと定められています。

②任意保険基準

任意保険基準は各保険会社内部の基準ですので計算式は公開されていません。

弁護士基準と同じ方式の表で数値が低いものと考えられます。

③弁護士基準

弁護士基準は「赤い本(民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準)」「青本(交通事故損害額算定基準)」等の表を使って慰謝料を計算します。

「怪我(障害)の表」「ムチ打ちの表」と2種類があります。

むちうちは交通事故によくある症状ですが、レントゲン等から判断出来ず本人の自己申告による場合が多い為、慰謝料が低く設定されています。

弁護士基準は表の横軸「入院期間」と縦軸「通院期間」の交わるところの数字を見ます。

怪我の場合の弁護士基準 ムチ打ちの場合の弁護士基準

30日間を1ヵ月として数えます。

また

「通院が長期にわたり、かつ不規則である場合には実際の通院日数の3.5倍程度を慰謝料算定のための通院期間の目安とすることがある」

「入院待機期間中及びギブス固定中等安静を要する自宅療養期間は、入院期間とみることがある」

と赤い本の中に定められています。他にも症状や手術の程度によって慰謝料を増額する場合もあります。

例:骨折で1ヵ月間(30日間)入院し、退院後3ヵ月間(90日間、週2日程度・実通院期間28日)通院した場合の慰謝料を見てみましょう。

自賠責基準

30日×4,200円=126,000円(入院慰謝料)
28日(実通院日数)×2=56日 < 90日(通院期間)
56日×4,200円=235,200円(通院慰謝料)

126,000円(入院慰謝料)+235,200円(通院慰謝料)= 36万1,200円(慰謝料合計額)

弁護士基準(赤い本)

怪我の表で、横軸入院「1ヵ月」と縦軸通院3ヵ月の交わるところを見ます。115万円になります。

自賠責基準と弁護士基準では、金額にして約80万円(3倍以上)の差が出ています。

慰謝料計算をする場合には、自賠責基準と弁護士基準の両方の額を出しておくと、保険会社の提示額がどの程度のものなのかがよくわかります。

後遺障害の慰謝料

h3

後遺障害の慰謝料は等級によって変わります。

①自賠責基準

第1級(1,100万円)~第14級(32万円)です。

※逸失利益と慰謝料を合計して、後遺障害に対する限度額は第1級(3000万円)~第14級(75万円)と定められています。
ただし神経系統や精神・臓器への著しい障害の場合には、別途上限及び慰謝料額が定められています。

②任意保険基準

慰謝料の額は公開されていません。
自賠責基準と同等~高額な場合でも弁護士基準の7割程度までと考えられます。

③弁護士基準

第1級(2800万円)~第14級(110万円)です。

死亡事故の慰謝料

h3
死亡事故の慰謝料
①自賠責基準

死亡した本人への慰謝料350万円。
遺族(死亡した被害者の父母・配偶者・こども)に支払われる慰謝料です。

請求者1名の場合550万円、2名で650万円、3名以上で750万円です。
被扶養者がいる場合には、さらに200万円が加算されます。

※葬儀費用・逸失利益などの損害賠償額と慰謝料を合計して、死亡に関する限度額は被害者1名につき3,000万円までと定められています。

②任意保険基準

公開されていないため確かな数字は分かりませんが、自賠責基準~弁護士基準の間の金額です。
被害者がご高齢の場合には、自賠責基準そのままの金額を提示することもあるようです。

③弁護士基準

一家の支柱:2800万円
母親・配偶者:2400万円
その他の場合:2000万円~2200万円

これは赤い本の基準です。
立場によって慰謝料額が異なるのが弁護士基準の特徴です。

死亡者本人及び遺族に対する慰謝料の総額を出しているため、原則遺族の数によって慰謝料額は変わりません。