慰謝料と示談金の違いを理解して交渉を進めましょう。

優良法律事務所BEST3ボタン

示談金慰謝料違い

「示談金」「慰謝料」は同じ様に使われがちな言葉ですが、本当は異なる意味を持っています。
示談において「示談金」と「慰謝料」を間違って使ってしまうと交渉が難航しますので注意が必要です。

示談金とは、示談で支払われるお金すべてを指します。
示談金の中身は大きく3つに分かれます。

示談金の中身

h3
①積極的損害
(事故によってかかったお金)

1.治療費

2.通院の交通費・駐車場代

3.車両、その他壊れた物の修理費

4.葬儀費用(死亡事故の場合)

5.その他(ケースによる)

車両同士の交通事故
②消極的損害
(事故によって得られなくなった利益)

1.休業補償

2.逸失利益(後遺障害または死亡の場合)

3.休車補償(営業車の場合)

4.その他(ケースによる)

休業補償
③慰謝料
(精神的損害)

1.入通院慰謝料

2.後遺障害慰謝料

3.死亡慰謝料

4.その他(ケースによる)

死亡慰謝料

つまり、慰謝料は示談金の一部なのです。
示談交渉を行なう場合には、「積極的損害」「消極的損害」「慰謝料」のすべての金額について同時に交渉します。
保険会社の担当者の中にも「示談金」と「慰謝料」を明確に使い分けない人もいますし、初めて示談交渉をする方は「示談金」と「慰謝料」を同じように捉えてしまいがちです。

積極損害は実際にかかったお金ですので、実費で立て替えた分は返してもらいましょう。
タクシーを使って使って通院した場合には、タクシーを使う必要性があればタクシー代を請求出来ます。
事故によって壊れたメガネや時計の修理代も請求出来ます。
※杖やコルセットの購入費もこれにあたります。

被害者が請求しなければ、積極損害=治療費で片付けられてしまうこともあります。
治療中から領収書やレシートを管理して、後に請求出来るように準備しておくことが大切です。

消極的損害は「交通事故に遭わなければ得られた利益」ですので算定が難しくなることが多々あります。
専業主婦や自営業者の場合でも休業補償 逸失利益を請求出来ます。
消極的損害について保険会社がなかなか認めない場合には、専門家の力を借りるのもおすすめです。

「いくらで示談しましょう」と持ちかけられた時、示談金の額が一見高額でも中身は損害金ばかりで、精神的苦痛に対する慰謝料が正当に支払われていない場合もあります。
示談交渉においては「示談金」の中身を把握して、支払われていない損害金はないか慰謝料は妥当なものか、吟味することが大切です。

しっかり吟味して内容を確認しなくちゃ。