保険会社の実質負担は「支払い総額-自賠責保障額」となります。

優良法律事務所BEST3ボタン

任意保険自賠責保険

自賠責保険は、交通事故の被害者を保護するためにすべての自動車に加入が義務づけられている保険です。

交通事故車

自賠責保険

h3
自賠責保険

車を所有している方は当然知っていることですが、まず車の購入時に自賠責保険に加入しますし、車検の際にも自賠責保険に入っていることが車検通過の条件のひとつになっています。

道路を走行する車は自賠責保険に加入しているのが当然で、保険に加入していない車を運転するのは違法です。

車体に付属している保険ですので誰が運転したかにかかわらず、その車の起こした事故には自賠責保険が適用されます。
つまり友人の車やレンタカーで事故を起こした場合も、その車の自賠責保険が使えます。

任意保険

h3
交通事故

任意保険は、文字通り任意に加入する保険です。
自賠責保険は保証額が少ないため不足する分を任意保険が補填する役割を担っています。

また任意保険は、金銭的な部分だけでなく示談交渉を含む事故対応全般を請け負ってくれるのが一般的です。

相手方が任意保険に入っている場合には、保険の担当者が窓口になり示談金も任意保険から支払われる為、自賠責は関係ないように思いますが、そうではありません。

加害者請求とは

h3

任意保険の加入未加入に関わらず、自賠責からも保険金が支払われます。
任意保険会社が一括して被害者に示談金を支払った後、自賠責保険に請求して自賠責保険分を回収するのが一般的です。

つまり「示談金-自賠責保険金=任意保険の負担分」なのです。

任意保険会社が自賠責保険を請求するのを加害者請求と言います。

被害者請求とは

h3

被害者が直接請求する被害者請求もあります。

任意保険会社との示談交渉が長引いた場合は、自賠責の被害者請求を行って自賠責保険分だけを先に受け取ることも可能です。

自賠責保険は「被害者に重大な過失があった場合にのみ減額される」と定めているので、過失割合で揉めている場合でも自賠責保険金を請求することは可能です。
また治療が長引いた場合などには当座の出費に当てるために、被害者に対する仮渡金制度もあります。