弁護士特約は保険加入者の意志で利用することができます。

優良法律事務所BEST3ボタン

弁護士特約の仕組みと役割

弁護士特約

「弁護士特約」をご存じですか?

弁護士特約とは自動車保険のオプションのひとつです。
弁護士特約のある保険に加入していれば、交通事故の被害者になった時に保険を使って弁護士に依頼することができます。

本来の自動車保険は自分が加害者になった時の補償を目的としています。
弁護士特約は自分が被害者となった時の「示談交渉」「民事訴訟」などを弁護士依頼する時の費用を補償してくれるものです。

弁護士費用特約とも呼ばれています。

詳しい内容は個々の契約によりますが、弁護士費用を300万円まて負担してくれるのが一般的です。

また弁護士だけでなく司法書士や行政書士など弁護士以外の専門家に依頼した場合の費用にも適応されます。
契約者本人だけでなく家族や同乗者も保険が使えるケースがあるので、弁護士特約が使えるかどうかは保険会社に問い合わせてみて下さい。

弁護士特約のメリット

h3
弁護士特約のメリット

弁護士特約を利用するメリットは、

・示談交渉から解放されること

・慰謝料が弁護士基準で計算されること

・訴訟になった場合でも弁護士費用がかからないこと

です。

自分の過失が0の場合、弁護士特約を利用しても等級や保険料は変わらないので、積極的に利用したい特約です。

しかし自分の保険に弁護士特約がついているか、家族も使えるのかどうか、意識している方は少ないのが現実です。

保険会社に事故の連絡をしても弁護士特約について説明してくれない場合も多々あります。

自分の過失が0の場合、保険会社は積極的に関与してくれません。

弁護士特約の注意点

h3

弁護士特約を利用する時の注意点です。

①弁護士特約を使用するかどうかを決めるのは保険会社ではなく本人です。

保険会社は経験から判断して「弁護士特約を利用するほどの事故ではない」と助言するかもしれません。
しかし被害者自身が弁護士に依頼したいと思えば、弁護士特約は使えます。

②信頼できる専門家に依頼しましょう。

保険会社が弁護士を紹介してくれる場合もありますが、その弁護士が交通事故被害者の案件に精通しているとは限りません。
他に信頼できる専門家がいれば、自分で選んだ専門家に依頼することも可能です。

③弁護士費用が限度額内に収まるかどうか確認して下さい。

訴訟になっても300万円の限度額内に収まるのが一般的ですが、最初に依頼する際に確認しておくと安心です。