加害者にできることは「被害を最小限に収めること」と「誠意を示すこと」です。

優良法律事務所BEST3ボタン

交通事故加害者になった場合

交通事故加害者になった場合

交通事故の加害者になってしまった場合、事故現場では被害を最小限に抑えることを心がけて行動しましょう。

どうしたら良い?

h3
どうしたら良い?

まず人命救助が最優先です。

怪我人がいたら安全な場所に運びます。
意識がなかったり歩けない程の怪我をおっている場合には救急車を呼びましょう。
止血などの応急処置もできる限り行ないます。

事故車両を道路脇に寄せます。

車の往来の多い場所では発煙筒や停車表示板などを使って事故を知らせ、追突事故などの二次災害が起こらないように気を配りましょう。

次にどんな小さな事故でも警察を呼びます。

警察で事故証明を作成して置かないと保険がおりません。
物損だけの場合でも警察への連絡は必要です。

また任意保険に入っている場合には保険会社に連絡します。

任意保険に加入していれば、事故後の対応はすべて保険会社が行ってくれます。

しかし、被害者に対する誠意を示すのは、加害者本人にしかできません。

事故直後に「安易に謝罪してはいけない」と思うかもしれません。

確かに「自分が100%悪かった」というような言い方は避けた方が良いでしょう。

しかし、自らが起こした事故で迷惑をかけてしまったら「申し訳ない」という言葉が出るのは当然のことです。
ひと言も謝罪しないと、誠意がないと思われてしまいます。
感情的にこじれてしまうと後の示談交渉にも響きますので、加害者になった場合には素直に謝罪しましょう。

また被害者が怪我をおってしまった場合には、お見舞いに行くように心がけましょう。

怪我の状況を聞き、改めて謝罪するためです。

直接謝罪を受けて気持ちが落ち着く方もいれば、事故を思い出して興奮してしまう方、加害者の顔も見たくないと思っている方もいます。
謝罪に行く前に、保険会社に断りを入れておくのが無難です。

場合によっては担当者が同行してくれることもあります。

お見舞いに伺っても良いか被害者にも予め連絡を取ります。

大きな怪我の場合には、症状が落ち着いてから伺った方が良い場合もあります。
お見舞いの際に持参するのはお花か菓子折りが無難です。お見舞金を持って行くのは避けましょう。
被害者と直接対面する時には、お金の話は保険会社に一任していることを忘れてはいけません。

加害者が被害者に対して出来ることは謝罪することだけなのです。
被害者から示談を持ちかけられても応じることはできません。

また被害者に謝罪文を送るという方法もあります。
お見舞いに行けなかった場合はもちろんですが、お見舞いに行った後に更に謝罪文を送るとより誠意が伝わります。