過失割合は「判例タイムズ」「赤い本」「青い本」などを参考にします。

優良法律事務所BEST3ボタン

過失割合とは

交通事故にあったとき、過失割合が大きなカギを握ります。
慰謝料や治療費等交通事故に関わるお金はこの過失割合に応じて支払われます。

交通事故を起こしてしまった!

慰謝料60万円治療費等に40万円かかった場合、過失割合が100対0であれば100万円全額が支払われますが、過失割合が70対30であれば70万円しか支払われません。

保険会社から「今回の事故の過失割合は何対何です」と説明を受けた方もいるかもしれませんが、過失割合は当事者間の合意で決定しますので、保険会社が一方的に決めるものではありません。

過失割合の算出

h3

過失割合を決める時には判例タイムズの「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という本を参考にするのが一般的です。

他に過失割合が記載されている本としては、日弁連交通事故相談センター本部の発行している赤い本「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」、青本「交通事故損害額算定基準」があります。

過失割合の算出方法

例えば、横断歩道を歩いていて左折または右折する車と衝突した場合の過失割合は判例タイムズによると以下のようになります。

歩行者の信号が青の場合、歩行者の過失割合は0。
歩行者の信号が黄色の場合、車の信号が赤なら10%、黄色なら20%、青なら30%です。
歩行者の信号が赤の場合、車の信号が赤なら20%、黄色なら50%、青なら70%です。

ここで言う信号の色は、横断開始時・交差点侵入時の信号の色です。
横断中に信号の色が変わった場合には過失割合が変わります。
また歩行者が子供や高齢者だった場合は過失割合が軽減されますし、運転中の前方不注意や速度などによっても過失割合は変わります。

保険会社も判例タイムズなどを参考に過失割合を決めていますが、加害者の話から事故状況を把握している為、被害者と見解が異なっている場合があります。
被害者は黄色信号を横断していたと認識していても、加害者は歩行者信号は赤だったと主張すれば、過失割合で揉めることになります。

保険会社の提示する過失割合の根拠となる資料(判例タイムズのコピー等)を確認し、納得できない場合には事故の状況について再確認して過失割合を決め直すことが必要です。

なお警察は過失割合の決定には関わりません。
過失割合を協議するには専門的な知識が必要ですので、過失割合が納得いかない時には専門家に相談することをおすすめします。

過失割合合意における注意点

h3

【その1】簡単に合意をしない

過失割合で有利な合意をする秘訣は「簡単に合意をしない」ことです。
保険会社は通常、物損についての示談を急ぎます。
「修理費を早く払いたいので」と言って、過失割合について合意させようとします。

しかしながら、過失割合について有利な合意を進めるためには粘り強く示談を継続し相手方保険会社が音を上げるまで待つことです。
物損だけでもと言って、和解を進めることはお勧めしません。

【その2】専門家に助けを求める

過失割合でポイントとなるのは、事故についての客観的資料です。
客観的資料として代表的なものは、次の2つです。

①捜査機関の作成する「現場見取図」
②リサーチ会社が作る事故報告書等

現場見取図・事故報告書

このような資料は弁護士等の専門家に依頼し、取り寄せを依頼するべきです。
これらの資料を持って、粘り強く保険会社と過失割合について交渉を進めましょう。