その場での示談はせずに、警察へ連絡し、病院で診断をしてもらうことを忘れないでください。

優良法律事務所BEST3ボタン

事故対応のポイント

事故対応のポイント

交通事故に遭ってしまった時、事故現場で押さえておきたいポイントがいくつかあります。
突然の出来事で混乱してしまいますが、ポイントを押さえておけば後々の示談交渉をスムーズに進めることが出来ます。

①相手の身元・連絡先の確認

h3

加害者側が協力的であった場合には、焦る必要はありません。

名刺があれば名刺を交換し、免許証や車検証を見せてもらいましょう。
メモを取るよりも携帯やスマホのカメラで撮影させてもらった方が間違いがないと思います。

相手の加入する保険会社についても確認しておくと保険会社から連絡が遭った場合にも慌てずに済みます。
もしも相手側が協力的ではない場合には車のナンバーの分かる写真を撮影しておくと、後で車体や持ち主を特定出来るため安心です。

②事故の状況の把握・記録

h3

事故現場の写真を撮ります。

接触した部分や傷のわかる写真も有効ですが、全体の道路状況が分かるような広いアングルの写真があれば後から事故状況を思い出す良い手がかりになります。
(往来の多い場所では、車を安全な場所に移動させるのを最優先にして下さい)

信号の色や速度・減速の有無など確認し合う場合もあると思います。
しかし突然の事故でお互い混乱しています。互いの主張が異なっていても仕方ありません。
事故現場での主張は後々覆ることも多々ありますので、相手の主張は参考程度という気持ちで聞いておいた方が良いでしょう。

相手側から聞き取りをするよりも、自分の感じたことを重視してメモに残しておきます。

例えば「自分の信号の色、相手の車に気付いたのはいつか、その速度、周囲の見通し、怪我の有無」など、思い出せるものは書き留めておきましょう。
時間が経つと記憶が曖昧になってしまいますので、出来るだけ早い段階で記録しておくように心がけます。

③目撃者の確保

h3

事故の瞬間を目撃していた人がいれば、連絡先を聞いておきましょう。
後に証言をお願いする可能性があります。

④示談交渉は行なわない

h3

軽症もしくは物損のみであっても、その場で示談はしないようにしましょう。

安易に示談に応じてしまうと、数日後に傷みが出てきても示談のやり直しが出来なくなることがあります。
具体的な金額の話は後日改めて行ないます。

⑤警察に連絡する

h3

軽度の事故であっても警察に通報します。

⑥保険会社へ連絡する

h3

被害者であっても、自分の過失が0ではない場合には加入する保険会社に連絡します。

⑦病院に行き診断書をもらう

h3

軽症であっても病院に行き診断書をもらいましょう。
頭を打った場合には自覚症状がなくても検査を受けておくと安心です。

事故対応のポイントは簡単に言うと、後に示談交渉を始めるための準備を整えておくことです。
相手と連絡を取れる状態にし、事故の状況を後から思い出せるようにしておきます。